村松巌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「村松巖」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

村松 巖(むらまつ いわお、1926年(大正15年)1月1日 - 2010年(平成22年)3月11日[1])は、日本の銀行家。七十七銀行頭取、会長。仙台商工会議所会頭等を歴任した。

来歴・人物[編集]

宮城県亘理町出身。東大経済学部卒業後、七十七銀行入行。

総務、人事、融資部門を長く担当した実務派で、銀行業務全般に通じた手腕が買われ、1991年(平成3年)に頭取に就任した[2]

頭取在任時においては、ATMの日曜稼動、7ヶ店の支店出張所の新設など営業基盤の拡充に取り組んだ[3]

仙台商工会議所会頭時代は、大手の圧力に対して仙台市の伝統である1月2日初売りを堅持する方針を崩さず、元日営業の店舗でも基本的に通常営業にとどめさせ、いわゆる「初売り」は2日に行わせるという方針を徹底させた。

略歴[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 東京大学経済学部卒業後、七十七銀行入行
    • 以降、企画、預金推進各課長、原町支店長、業務部次長、秋田支店長等を歴任する
  • 1972年(昭和47年) - 取締役総務部長委嘱
  • 1973年(昭和48年) - 取締役人事部長委嘱
  • 1976年(昭和51年) - 取締役融資部長委嘱
  • 1984年(昭和59年) - 専務取締役
  • 1987年(昭和62年) - 副頭取
  • 1991年(平成3年) - 頭取
  • 1996年(平成8年) - 会長
  • 1999年(平成11年) - 仙台商工会議所会頭
  • 1998年(平成10年) - 宮城総合研究所理事長
  • 2001年(平成13年) - 相談役
  • 2004年(平成16年) - 会頭退任
  • 2010年(平成22年) - 逝去

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ 村松巌氏死去(元七十七銀行頭取)”. 47NEWS (2010年3月11日). 2011年12月15日閲覧。
  2. ^ 日本経済新聞 1991年8月8日
  3. ^ 河北新報 2010年3月12日