村山文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村山 文夫(むらやま ふみお)は、日本4コマ漫画家である。代表作に『グランプリ天国』・『うるとらスーパーさぶっ!!』がある。

スポーツ選手を大幅にデフォルメした作風が特徴。

経歴[編集]

代表作「グランプリ天国」は、1991年日本GP直前に『漫画アクション』(双葉社)で読み切りで書いたのが最初だった。

1992年に『F1 PRIX』(双葉社)で連載を開始し、翌1993年には初の単行本が発刊され、絶頂期を迎える。しかしその半年後くらいに雑誌が休刊となり連載終了。

単行本は書下ろしで8冊発刊し、1998年ごろにやめようと思っていたときに『F1速報』(ニューズ出版三栄書房)からオファーがあり、そのまま1999年から現在まで連載している。2011年にグランプリ天国が20周年を迎えた。

代表作[編集]

人物[編集]

「グランプリ天国クラシックvol.2」によると、昔はプラモデル作りが趣味だったらしい。また、貧乏だったためF1関連のグッズは数千円台のものを買っていたらしい(フェラーリのテレカ中嶋悟のアルバムなど)。

外部リンク[編集]