材料費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

材料費(ざいりょうひ、materials cost)とは、製造原価のうち、材料の経済価値を消費することで生じる原価をいう。勘定科目としては、『材料』である。

分類[編集]

材料費は、材料製品製造のために消費された際に、その製品の主たる実体を構成する場合は直接材料費に分類する。 これに対して、その製品の実体を構成するが金額的に重要でないか、または製品別の消費額の算定が困難な材料、あるいは、 製品の実体を構成しない材料を間接材料費に分類する。

原価計算基準では、直接材料費と間接材料費を次のように分類している。

直接材料費 主要材料費(原料費)
買入部品費
間接材料費 補助材料費
工場消耗品費
消耗工具器具備品費
  • 主要材料費(原料費)
製品の主たる実体を構成する材料の原価。クルマや船舶に使用する鋼板や衣類の生地など
  • 買入部品費
外部から購入してそのまま取り付ける部品。クルマのタイヤ、衣類のファスナーなど。
  • 補助材料費
製品の主たる実体を構成しない間接材料だが、金額的に重要であるため、受払記録をつけて管理している材料
金額的にも重要でない間接材料。糸、油、電球、石鹸など
  • 消耗工具器具備品費
固定資産として処理する必要のない工具、器具、備品など
(10万円以上・耐用年数1年以上の工具、器具、備品は工具器具備品を参照)

原価構成図[編集]

原価構成図
総原価 製造原価 製造直接費 直接材料費
直接労務費
直接経費
製造間接費 間接材料費
間接労務費
間接経費
営業費 販売費
一般管理費

参考[編集]