杉谷利昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

杉谷利昭(すぎたに としあき、1931年(昭和6年)8月7日 - 2003年(平成15年)5月1日)は、日本の銀行家。元北日本銀行頭取、会長。

来歴・人物[編集]

宮城県出身。東北大法学部卒業後、北日本銀行の前身である興産相互銀行に入行。1991年には頭取に昇格する。

トップ在任時においては、不良債権処理の加速化や本・支店間のスリム化に努めたほか、新人事制度の導入による経営体質の強化も図った。また、1994年9月末には、総預金1兆円を実現するなど業容の拡大にも尽力した。そして、平成銀行実現にむけ奔走するも同行従業員組合から、合併に対して猛反発が起こり構想は頓挫した[1]

2003年5月、会長在任のまま呼吸不全で逝去。享年71。

略歴[編集]

  • 1954年(昭和29年)- 東北大学法学部卒業後、興産相互銀行(現・北日本銀行)入行。
  • 1983年(昭和58年)- 常務取締役
  • 1988年(昭和63年)- 専務取締役
  • 1991年(平成3年)- 頭取
  • 1999年(平成11年)- 会長
  • 2003年(平成15年)- 逝去

脚注[編集]

  1. ^ 『ニッキン縮刷版 2003年』 日本金融通信社、2004年。