杉浦章介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉浦章介(すぎうら のりゆき、1947年11月25日[1]- )は、日本の経済地理学者、慶應義塾大学名誉教授。

1971年慶應義塾大学経済学部経済学科卒業、85年同大学院博士課程単位取得退学。1983年ペンシルベニア州立大学Ph.D.(地理学)。83年慶應義塾大学経済学部助手、85年助教授、93年教授、2013年定年、名誉教授[2]。株式会社IDインフォメーション・ディベロプメント社外取締役[3]

著書[編集]

  • 『都市経済論』岩波テキストブックス 2003
  • 『トランスナショナル化する世界 経済地理学の視点から』慶應義塾大学出版会 2009
  • 『越境的な規範の形成と執行』慶應義塾大学出版会 2014

共著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 杉浦章介教授略歴
  3. ^ 『越境的な規範の形成と執行』著者紹介