杉原景正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉原 景正(すぎはら かげまさ、(生没年未詳))は、備中国足守藩家老見習。足守杉原家第5代当主。

第4代当主杉原房正の嫡孫。幼名は光二郎、通称は玄蕃。隠居後は景邦と名乗る。養子に杉原正邦

寛政10年(1798年)7月13日に家老見習となる。同12年(1800年)閏4月2日に家督を相続し、500石を給わる。祖父同様、元締役として藩財政に関わったが、不行き届きのことがあったとして文化4年(1807年)9月16日に遠慮を命じられ、さらに12月24日には蟄居を命じられることになった。

参考文献[編集]

  • 『御家中由緒書』