杉原房正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉原 房正(すぎはら ふさまさ、享保8年(1723年) – 寛政12年3月2日1800年3月26日))は、備中国足守藩家老。足守杉原家第4代当主。

第3代当主杉原正忠の長男。通称は玄蕃。養子に杉原丹宮杉原馬之丞

享保18年(1733年)2月6日、家督相続し、400石を給わる。この際、名字を瀬川に戻したが、のちに佐良木と改め、元文2年(1737年)に杉原姓に復した。

寛保3年(1743年)3月19日に家老となる。宝暦12年(1762年)7月8日には元締方を引き受け、藩財政に関する一切を取り仕切った。安永7年(1778年)に50石加増され、寛政10年(1798年)3月15日にも50石加増されて500石となる。

同12年(1800年)3月2日、江戸へ向かう旅の途中の藤沢で病死した。享年78。

男子がなく、養子を迎えたが相次いで世を去ったため(後述)、嫡孫杉原景正が跡を継いだ。

相次ぐ後継者の死[編集]

  • 養子:杉原丹宮(杉原伊織政春三男)
    天明元年(1781年)3月7日に家老見習となるが、翌年5月11日に病死。
  • 養子:杉原馬之丞(分家佐良木家より)
    天明6年(1786年)7月22日に家老見習となるが、寛政元年(1789年)8月晦日に病死。
  • 孫:杉原元吉
    天明6年(1786年)8月16日に早世。

参考文献[編集]

  • 『御家中由緒書』