本山剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もとやま つよし
本山 剛
生誕 (1931-03-05) 1931年3月5日
宮城県仙台市
死没 (2001-07-07) 2001年7月7日(70歳没)
宮城県仙台市
出身校 東北大学法学部
職業 銀行家

本山 剛(もとやま つよし、1931年(昭和6年)3月5日 - 2001年(平成13年)7月7日)は、日本の銀行家。北都銀行副会長、秋田あけぼの銀行頭取を歴任した。

人物[編集]

宮城県仙台市出身。東北大学法学部卒業後、日本銀行入行。

1980年(昭和55年)には、秋田相互銀行に移り常務、専務を歴任。副社長時代には、普銀転換の陣頭指揮にあたり、1990年(平成2年)には、プロパーや創業者家系の多い秋田県の金融界では異色の存在、日銀出身者として秋田あけぼの銀行頭取に就任した[1]

頭取在任時は、第三次オンラインシステム鳥取銀行沖縄海邦銀行と共同開発にあたったほか、羽後銀行との合併を成功裡にまとめあげた。

1993年(平成5年)の北都銀行発足後には、副会長に就任。店舗やコンピューターシステムの重複回避による経営体質強化に取り組んだほか、翌年のシステム統合の際には羽後銀行の富士通、あけぼの銀のIBMのシステムを富士通に一本化する施策を手がけた[2]

2001年(平成13年)7月7日仙台市内の病院にて食道癌のため70歳で没。

略歴[編集]

  • 1953年(昭和28年) - 東北大学法学部卒業後、日本銀行に入行。
    • 以降、営業局証券課長、統計局物価統計課長、外国局外資課長等を歴任する。
  • 1980年(昭和55年) - 秋田相互銀行入行。常務取締役。
  • 1982年(昭和57年) - 同専務取締役。
  • 1983年(昭和58年) - 同専務取締役企画管理部長委嘱。
  • 1985年(昭和60年) - 同専務取締役財務部長委嘱。
  • 1988年(昭和63年) - 同副社長。
  • 1989年(平成元年) - 普銀転換、秋田あけぼの銀行副頭取。
  • 1990年(平成2年) - 同頭取。
  • 1993年(平成5年) - 合併、北都銀行副会長。
  • 1994年(平成6年) - 退任。

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 1991年8月26日
  2. ^ 『日本金融通信縮刷版 2001年』日本金融通信社 2002年