木道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木道

  • このみち、きのみち
    • 木材の良し悪しを見分けること。
  • こどう (英文字表記 Kodor
    • 日本にて生まれた新しい芸道であり創始者は彩木悠弦(Yougen Saiki)
    • 創始者が自宅前にて木の細工をしていたところ、創作物の形や大胆さ繊細さに通行人より関心を持たれた事により、芸技として確立させた経緯がある。
    • 製材木や生木は一切使用せず、落木や流木を利用する為に自然に優しいとされ、(木)本来の独特な形状、叩いて発する音、匂い等々を嗜む新しい芸道のひとつである。
    • 独特な加工技法(加工方法の名称)を教えとし、茶道 華道 その他の芸道と同様に体系化していく要素がある。
    • 漢字呼称 『木道』 として、日本国(特許庁)より名称登録されている事が特徴である。
    • 東京都港区芝に日本事務局が設置されている。