木南卓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木南 卓一(きなみ たくいち、1925年 -2016年12月5日[1])は、日本の東洋思想学者。

略歴[編集]

大阪府生まれ。1948年京都帝国大学文学部中国哲学科卒業。1970年「朱子学の本質」で京都大学文学博士帝塚山大学教養部助教授、教養学部教授、1996年定年退任、名誉教授となった。

著書[編集]

  • 慈雲尊者 生涯とその言葉』三密堂書店 1961
  • 池田草庵先生 生涯とその精神』池田草庵百年祭記念事業実行委員会 1976
  • 相馬九方』アートビジネスセンター 1978
  • 論語集註私新抄』明徳出版社 2001
  • 『楠葉だより もののあはれと求道精神』第1~4篇 明徳出版社 2002‐12
  • 中江藤樹私新抄』明徳出版社 2008
  • 貝原益軒私新抄』明徳出版社 2009

編共著[編集]

  • 『慈雲の書』編 北川白州堂 1963
  • 『洗硯趣味』井上研山共著 蒼竜社 1965
  • 法楽寺 平重盛・慈雲尊者』永井路子共著 法楽寺 1978
  • 『雲伝神道研究』編 三密堂書店 1988
  • 慈雲尊者『雲伝神道集』編 三密堂書店 1988

参考[編集]

脚注[編集]