朝長正男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝長正男(ともなが まさお、1898年2月7日 - 1983年4月11日)は、日本の人物。千刈cc理事長・社団法人茨木CC理事・廣野GC・鳴尾GC評議員とし関西学院大学、関西ゴルフ界の発展に寄与した人物である。大正11年(1922年関西学院高商卒業。

略歴[編集]

北川与平の知己を得て、江商株式会社(現在の兼松)に入社。戦前はイギリスインドなどに赴任し、戦後東京支店長・常務取締役・副社長を歴任する。また、関西ゴルフ界発展に貢献し、関西学院大学によるゴルフ場、千刈カンツリー倶楽部設立中心メンバーで千刈興産㈱代表取締役社長、初代キャプテン、三代目理事長を務め、「ミスターセンガリ」の名で呼ばれた。

母校である関西学院大学同窓会会長・理事をも務めた。