朝明川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝明川
Asake river.jpg
下流部 朝明橋から下流方の川越火力発電所を望む
水系 二級水系 朝明川
種別 二級河川
延長 25.8 km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 86.1 km²
水源 釈迦ヶ岳
水源の標高 1092 m
河口・合流先 伊勢湾(三重県)
流域 日本の旗 日本 三重県
テンプレートを表示

朝明川(あさけがわ)は、三重県北部(北勢)を流れる河川二級水系の本流である。

地理[編集]

中流域(中村井堰付近、四日市市中村町)

鈴鹿山脈釈迦ヶ岳に源を発し、鈴鹿国定公園に含まれる朝明渓谷を刻みつつ丘陵地に出る。上流部には明治期にオランダ人技師、ヨハニス・デ・レーケの指導のもと築かれた「オランダ堰堤」や「なわだるみ堰堤」と呼ばれる砂防堰堤群があり、国の登録有形文化財に登録されている[1][2][3][4]。また1907年(明治40年)開設と県内の発電所では最古の中部電力千草水力発電所がある。

中流域の多くが砂底。菰野町北部を北東流しながら田光川などの支流を併せ、四日市市に入ってからは概ね東流。下流部で川越町を流れ、伊勢湾へ注ぐ。河口一帯は工業地帯で、河口左岸に中部電力川越火力発電所がある。

地名について[編集]

「朝明」の名は『和名抄伊勢国の項に「朝明郡」として見える。東征中の日本武尊が当地で夜明けを迎え、朝明川の水で口をすすいだことから川の名が付いた、とする伝承もある。

下流部の「川越町」(かつては川越村)は、明治期の町村制施行にあたり、朝明川を挟んだ南北の村々が川を越えて合併したことに因む。

流域の自治体[編集]

三重県
三重郡菰野町四日市市、三重郡朝日町、三重郡川越町

支流[編集]

  • 焼合川
  • 杉谷川
  • 田光川
  • 田口川
  • 平津谷川
  • 萱生川
  • 山城谷川
  • 名前川
  • 水無谷
  • 流レ谷
  • 腰越谷
  • 庵座谷
  • 伊勢谷
  • 猫谷

並行する交通[編集]

流域の観光地[編集]

  • 朝明渓谷

脚注[編集]

  1. ^ みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財 / 情報データベース / 朝明川砂防堰堤(T11-1) / 1998年(平成10年)9月2日登録。石造練石積堰堤。大正期建造。”. 三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護室. 2015年5月11日閲覧。
  2. ^ みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財 / 情報データベース / 朝明川砂防堰堤(T11-2) / 1998年(平成10年)9月2日登録。石造空石積堰堤。大正期建造。”. 三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護室. 2015年5月11日閲覧。
  3. ^ みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財 / 情報データベース / 猫谷第一堰堤 / 1998年(平成10年)9月2日登録。石造空石積堰堤。大正期建造。”. 三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護室. 2015年5月11日閲覧。
  4. ^ みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財 / 情報データベース / 猫谷第二堰堤 / 1998年(平成10年)9月2日登録。石造空石積堰堤。大正期建造。”. 三重県教育委員会事務局 社会教育・文化財保護室. 2015年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]