朝日山 (京都府宇治市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
朝日山
Asahiyama uji01.jpg
朝日山
標高 124 m
所在地 日本の旗 日本
京都府宇治市
位置 北緯34度53分28.0秒 東経135度48分58.2秒 / 北緯34.891111度 東経135.816167度 / 34.891111; 135.816167座標: 北緯34度53分28.0秒 東経135度48分58.2秒 / 北緯34.891111度 東経135.816167度 / 34.891111; 135.816167
朝日山 (京都府宇治市)の位置(日本内)
朝日山 (京都府宇治市)
朝日山 (京都府宇治市)の位置(京都府内)
朝日山 (京都府宇治市)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

朝日山(あさひやま)は京都府宇治市にある標高124メートルの山で、宇治橋より約1キロ上流の宇治川右岸に位置する[1]

山頂は、応神天皇皇子菟道稚郎子の諸説ある葬地の一つである。享保18年(1733)、山頂に並河五一郎により墓碑が建立された[1]。(二段の基礎石52.5の上に幅34.6㎝、奥行24.5㎝、高さ106㎝。)[2]

墓碑までは、琴坂を上がり、興聖寺南東の山道を登り、約15分[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
出典
  1. ^ a b 佐和隆研・奈良本辰也・𠮷田光邦ほか「京都大事典」,株式会社淡交社,1984年,p10
  2. ^ 宇治市文化財愛護協会「新 宇治の碑」,宇治市文化財愛護協会,2014年,p37
  3. ^ “ふるさと昔語り (29)菟道稚郎子伝説(宇治市)”京都新聞(2007年1月19日) : 京都新聞の観光アーカイブ(同名記事)