服育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

服育(ふくいく)とは、主に衣服に関連する事項を通して、TPOマナーなどの社会性環境問題健康安全、国際性・文化等に対する理解を深めさせ、子どもの生きる力を育てようという取り組み。2004年に大阪の繊維専門商社チクマが提唱し、日本教育関係者の一部に広がっている。

課題の例として、衣服のTPOや服装マナー(社会性の向上)、衣服の3Rリデュースリユースリサイクル)や、クールビズウォームビズ等(環境問題)、衣服の防護機能(健康・安全)、地域ごとの衣服文化(国際性・文化理解)が挙げられている。

外部リンク[編集]