有賀城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
有賀城
長野県
城郭構造 山城
天守構造 不明
主な城主 有賀氏
指定文化財 なし

有賀城(あるがじょう)は、長野県諏訪市有賀にあった日本の城。承久年間に有賀氏(あるがし)によって築かれた。別名、天狗山城。江音寺背後の裏山に築かれ、諏訪地方上伊那地方を結ぶ有賀峠への街道を押さえる位置にある。現在も有賀城跡として残っている。

不動尊のある廓は6メートル四方、主郭の背後には22メートルの堀切りで遮断し、大土塁が築かれており、主郭の内部を見通せない構造となっている。主郭は三方に土塁が残り、内部の広さは縦25メートル、横20メートルで、郭内には井戸跡があった。

副郭は主郭の北側の尾根の起点にあり、主郭より15メートル下に堀を隔ててあり、三方を土塁で囲んだ縦18メートル、横15メートルである。副郭から北下には、西側に削り残しの土塁を伴った三の郭、四の廓、五の廓と続くき、その下は急傾斜となっている。

主郭から北東に下るもう一つの尾根筋には、直下に堀切りがあり、その両端を掘り下げて全面を固め、その堅堀に沿って小郭が残る。

参考文献[編集]

  • 信濃史学会編 『信州の山城 信濃史学会研究叢書3』 1993年