有賀氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有賀氏(あるがし)は、諏訪氏庶流で代々諏訪郡有賀郷の地を領していた。有賀城を築いた一族という[1]。現長野県である信濃国諏訪郡有賀郷が起源(ルーツ)であり、諏訪神党(神家一党33氏)として南北朝時代は宗家の諏訪氏ともども南朝方となる。

注釈 [編集]

脚注[編集]

  1. ^ 諏訪八勝. 杉田宰治 編 (杉田宰治, 1902) 

参考文献[編集]

  • 太田亮姓氏家系大辞典 第2巻』姓氏家系大辞典刊行会、1934年。
  • 大和岩雄『信濃古代史考』名著出版、1990年。ISBN 978-4-626-01363-7
  • 金井典美『諏訪信仰史』名著出版、1982年。NCID BN01626104
  • 『諏訪信仰の発生と展開』古部族研究会編、人間社〈日本原初考 3〉、2018年。ISBN 978-4-908-62717-0
  • 『諏訪市史 上巻 (原始・古代・中世)』諏訪市史編纂委員会編、諏訪市、1995年。NCID BN02906048
  • 塚田正朋『長野県の歴史』山川出版社〈県史シリーズ 20〉、1974年。
  • 寺田鎮子、鷲尾徹太『諏訪明神―カミ信仰の原像』岩田書店、2010年。ISBN 978-4-8729-4608-6
  • 平山優『川中島の戦い 上』学研M文庫、2002年。
  • 平山優『天正壬午の乱 本能寺の変と東国戦国史』学研パブリッシング、2011年。
  • 楠町史』楠町史編纂委員会編、楠町教育委員会、1978年。doi:10.11501/9569871

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

系図
史料