有毛細胞白血病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有毛細胞白血病
Hairy cell leukemia.jpg
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
血液学 and 腫瘍学
ICD-10 C91.4
ICD-9-CM 202.4
ICD-O M9940/3
DiseasesDB 5589
MedlinePlus 000592
eMedicine med/937
MeSH D007943

有毛細胞白血病(ゆうもうさいぼうはっけつびょう、: Hairy cell leukemia)とは、B細胞由来の白血病で、周囲に毛様の突起を出す白血細胞を特徴とする疾患である[1]

症状[編集]

全身倦怠感、発熱、食欲不振、脾腫(80~90%)、肝腫大(30~40%)、皮下出血、点状出血を認め[1]、慢性に経過し、汎血球減少を呈し、骨髄はdry tapとなる[2]

疫学[編集]

高齢者(平均60代)、男性(男女比1~1.5:1)に多く、欧米に対し日本人では稀な疾患である[1][2]

検査[編集]

CD11c、CD19、CD20、CD25陽性。骨髄ではびまん性のhairy cellの浸潤、特徴的な蜂巣様組織像、繊維化が見られる[1]

治療[編集]

クラリビン(代謝拮抗薬)が有効[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e イヤーノート 2015: 内科・外科編  G-75 メディック・メディア ISBN 978-4896325102
  2. ^ a b c 病気がみえるVol.5 P129 メディックメディア社発行 ISBN 978-4896322538

関連項目[編集]