曾布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曾 布(そう ふ、景祐3年(1036年) - 大観元年(1107年))は、北宋末期の政治家。曾鞏の異母弟。建昌軍南豊県の出身。は子宣。は文粛。日記として『曾公遺録』が伝わる。

経歴[編集]

13歳で孤児となり、異母兄の曾鞏に育てられた。兄と同時に進士となり、後に縁戚である王安石の推薦で重用された。王安石が新法を始めようとした際に呂恵卿とともに一貫して賛成論を唱え、その導入に中心的な役割を果たした。ところが、熙寧7年(1074年)に市易法のやり方を修正を提言して王安石・呂恵卿と対立して知饒州に落とされた。その後、翰林学士から戸部尚書に進むが、哲宗の時代になり、司馬光が新法を廃止しようとすると、これに反対して再び地方に左遷された。哲宗が親政を行って新法を復活させると、再び中央に戻されて紹聖4年(1097年)に知枢密院事に任ぜられた。章惇が退いた後は新法党の中心人物となり、元符3年(1100年)に中書侍郎兼右僕射宰相)に任ぜられ、徽宗初期の旧法党と新法党の中間政権が出来た際には旧法党の韓忠彦とともに政権を担当した[1]。ところが、崇寧元年(1102年)に呂恵卿に近い新法党の蔡京が徽宗の寵愛を受けて政権に就く[2]と、陥れられて失脚して地方に左遷され、更に蔡京が司馬光ら旧法党を糾弾すると曾布も実は旧法党の一味であったと糾弾(「元祐党人」)され、失意のうちに病死した。更に没後に編纂された『宋史』では新法党として糾弾されて、「奸臣伝」に記載されている。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、韓忠彦が宰相になったのは2月で、曾布が宰相になったのは10月であったため、時期が異なる。また、曾布を宰相にして旧法党と新法党の中間政権を立てたのも徽宗の意向であったとする藤本猛の説がある。
  2. ^ 蔡京は当初は向太后に近く、彼を危険視した韓忠彦と曾布は協力して徽宗に蔡京の地方への異動を勧めたが太后の反対で止められたことがあった(藤本猛『風流天子と「君主独裁制」―北宋徽宗朝政治史の研究』京都大学学術研究会、2014年、P36-38)。

参考文献[編集]