普賢真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

普賢真人(ふげんしんじん)は、中国の小説『封神演義』に登場する仙人。崑崙十二大師のひとり。

九宮山・白鶴洞の主。木の師。後に入釈成仏し、普賢菩薩となった。

十絶陣の戦いで他の兄弟弟子と共に西岐を訪れ、姜子牙たちに助力した。その際に袁天君の寒氷陣を破っている。

万仙陣では霊牙仙と戦い、三面六臂で青みがかった赤い顔に巨大な牙を生やすという、真の姿を現した。原形(白象)を現した霊牙仙を自分の乗騎にする。また慈航道人文殊広法天尊と共に金霊聖母と戦った。

呉鉤剣という、雌雄二振りの剣を所持している。

関連項目[編集]