春日部市立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Library) w.svg 春日部市立図書館
Kasukabe City Library
Kasukabe Kasukabe City Library 1.JPG
中央図書館
施設情報
正式名称 春日部市立図書館
専門分野 総合
事業主体 春日部市
管理運営 春日部市
開館 1968年
統計情報
蔵書数 568,396冊・視聴覚資料27,663点 (2008年4月時点)
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示
庄和図書館
武里図書館

春日部市立図書館(かすかべしりつとしょかん)は埼玉県春日部市が運営している公立図書館。中央図書館と武里図書館、庄和図書館3館体制で運営している。所在地は中央図書館は春日部市粕壁東2丁目8番地61号(地図)、武里図書館は大枝89武里団地2街区1(地図)、庄和図書館は金崎839-1(地図)。

概要[編集]

昭和43年(1968年)3月1日、法務省浦和地方法務局春日部出張所跡を改装し、春日部市大字粕壁字仲町に春日部市立図書館として開館。しかし、蔵書増加や建物老朽のため、春日部市役所が同市大字粕壁字馬草場(現在の中央6丁目)に移動した跡地(現在のまちなみ公園)へ昭和46年(1971年)6月10日移転。その後、筑波研究学園都市に移転した国立薬用植物栽培試験場(春日部薬草園)跡地の再開発後、同所へ昭和58年(1983年)4月再度移転。なお、同所へは市民文化会館も新設され、隣接して大型商業施設(ロビンソン百貨店)が建設された。

貸出利用できる人[編集]

  • 春日部市に居住・就学・就職している人
  • 東部中央都市連絡協議会(春日部市、蓮田市、白岡市、宮代町、杉戸町)エリアの住民
  • 越谷市・松伏町の住民
  • さいたま市の住民

図書館が市民に提供するサービス[編集]

  • 蔵書資料(図書雑誌CDビデオDVD)の検索・閲覧(広域利用外の住民も利用できる。)
  • 蔵書資料の貸出(事前に利用券の交付を受ける必要がある)
    • 館内利用に指定されていない蔵書資料(図書・紙芝居)は中央図書館と武里図書館を含めて10点まで貸出を受けることができる。AV資料は4点。新着・DVDは2点まで。LDや一部視聴覚資料は館内利用に限られる。
    • 図書・紙芝居の貸出期間は2週間(14日間)、雑誌・AV資料は2週間(14日間)、郷土資料は1週間で、予約が入っていない場合は中央図書館と武里図書館で貸出カウンターで申し出れば貸出期間を延長することもできる。
    • 蔵書資料(図書)の返却は、貸出を受けた図書館だけではなく中央図書館・武里図書館・正風館図書室・春日部市内の公民館に備え付けられている返却ポストで返却できる。ただし、AV資料は返却ポストで返却できない。返却時、利用券は不要。
  • 蔵書資料の転送・予約(事前に利用券の交付を受ける必要がある)
    • 図書館のサイトから携帯電話・PCで予約ができる。(事前にカウンターでインターネットでの予約利用の申請が必要。)
    • 一日の予約受付は5件まで。
    • 予約は最多で20件申し込むことができる
    • 予約が多数申し込まれている蔵書資料は、予約の申込順に連絡される。
    • 館内に設置された検索端末、インターネットに公開されているOPACで検索した蔵書資料が他図書館に収蔵されている場合、中央図書館・武里図書館・正風館図書室に転送することができる(転送した蔵書資料をそのまま貸出を申し込むこともできる)
  • 図書館間相互貸借制度
    • 埼玉県内の他県市町村立図書館の蔵書を利用することができる。春日部市立図書館に蔵書がなく、この制度を利用する場合、図書館備え付けのリクエストカードに記入し予約する。ただし、蔵書先の図書館で貸出予約が多い場合や、リクエストした資料が蔵書先の図書館で館内用もしくは禁帯出の場合は、この制度を利用できない。この制度を利用するときは図書館職員に相談した方がよい。
  • レファレンス(調査・資料の有無)
    • 学校の授業に関係するもの(宿題課題など)、クイズ懸賞の答え、医療・法律相談、翻訳など、図書館として回答に適さないと判断された場合は、レファレンスに応じられない。
  • コピー
    • 著作権法の範囲内で複写できる。他館借り受けた資料の複写は不可。(白黒1枚10円)。
  • ウェブページの閲覧
  • イベント(おはなし会など)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]