星野益八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星野益八郎
(ほしの ますはちろう)
生誕 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
職業 実業家経営者(株式会社タイム社長)

星野 益八郎(ほしの ますはちろう)は、日本実業家経営者愛知県稲沢市の食品メーカーオリエンタル(オリエンタルカレー)の三代目であり、株式会社タイムの社長である。

実業家として[編集]

2005年、世界的コレクター北原照久氏の膨大なコレクションをミュージアム以外で広く活用する目的で株式会社タイム[1]。を設立。本社をブリキのおもちゃ博物館のある横浜市中区山手町に置く

オリエンタルカレーについて[編集]

「オリエンタルカレー」は「即席カレー」の元祖としても有名です。 「オリエンタルカレー」を販売している「株式会社オリエンタル」は創業が昭和20年(1945年)という、老舗の食品メーカーです。 今回、創業者・星野倶廣 氏の孫であり三代目にあたる星野益八郎氏がオフィシャルサイトを開設。話を聞いてきました。[2]

S&B、ハウス、グリコなど、大手のカレールーは「固形のカレールー」が一般的なのに対し、オリエンタルカレーは「粉末のカレールー」にこだわり続けている。[2]

公式サイトの他、ブログやツイッターなども最近始められたとの事で、今後積極的に情報発信していく模様。 星野氏にカレーへの思いについて伺いました。 現在では「カレールー」と言えば「固形のカレールー」が主流ですが、オリエンタルでは現在も粉末にこだわっています。 その為かなり苦労もあったようで、 ピーク時には月産150万個もあった「マースカレー」「即席カレー」などの商品が1/5になってしまったり、全国展開から東海の愛知、岐阜、三重、静岡県などのエリアの販売になったり したようです。

時代は進み、「昔ながらの懐かしい味のカレー」「粉末のカレールー」という伝統を守りながらも、オリエンタルは時代に合わせ進化しています。[2]


オリエンタル坊やについて[編集]

「オリエンタル」と言えば、マスコットキャラクターの「オリエンタル坊や」が有名です。 オリエンタルでは、「オリエンタル坊や」のLINEスタンプを作成。販売を始めました。 ■オリエンタル坊や – LINE スタンプ | LINE STORE https://store.line.me/stickershop/product/1345879 これはオリエンタルのWebサイトのSEO担当者の提案で開発されました。昔馴染みの年配の方だけではなく、若者にも「オリエンタル」のブランドをアピール。 オリエンタル坊やというキャラクターの可愛いらしさが若者に好評を得ています。[2]

まんが「カレー好きな星野益八郎」について[編集]

愛知県生まれ。 大学卒業後、カレー工場に勤める。 カレー工場ではカレールーの製造を主に担当。 カレー工場の長年の勤務でカレーについての知識を身に付ける。 この度「カレー好きな星野益八郎」を制作。 その他ウェブサイト、講演会などでカレーの魅力を伝えている。[3]

カレー好きな星野益八郎1話「星野益八郎です。」 星野益八郎です。昔カレー工場に勤めていたことがあり、 その経験をお話したいと思います。[4]

カレー好きな星野益八郎2話「カレールーの作り方」 星野益八郎が昔のカレールーと作り方をご説明します。[5]

カレー好きな星野益八郎3話「タイム」 星野益八郎がカレーに使うハーブ「タイム」を紹介します。[6]

カレー好きな星野益八郎4話「オリエンタルラジオ」 星野益八郎がオリエンタルラジオのカレーネタを披露![7]

カレー好きな星野益八郎5話「悪い噂・批判・誤解」 市販のカレールーに対しては、悪い噂があります。[8]


出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]