星兜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小星兜

星兜(ほしかぶと)は、平安時代中期頃に発生したの一形式。兜本体(鉢)を形成する鉄板を接ぎ留めるの頭を、鉢の表面に見せたもの。鋲の頭を星と呼ぶところから星兜の名が付いた。

平安時代には、10数枚の鉄板から成り星が大きい厳星兜(いがぼしかぶと)が大鎧に付く兜として流行したが、時代が下るにつれ板数は増し星が小型化した小星兜(こぼしかぶと)に変化した。筋兜の流行により室町時代前期に一時衰退するが、戦国期に再び使用されるようになり江戸時代に至る。

現在日本最古の星兜と推測される遺品は、徳島県藍住町に伝わるもの。鉄板5枚張りで、平安時代初期の作品と考えられている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 観音庵の星兜(藍住町)”. 徳島新聞社. 2010年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、星兜に関するカテゴリがあります。