明道館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

明道館(めいどうかん)は、江戸時代後期の安政2年(1855年)に福井藩主・松平春嶽が設立した藩校福井城三の丸の大谷半平(大館兵馬)の屋敷地を御用地として移転させた後に設けられた。半平は安政2年の正月、加藤郷八の屋敷を代替地として賜り移った。橋本左内が学監心得となった。明治2年に移転し明新館と改称。後の旧制福井中学校、現在の福井県立藤島高等学校へとつながる。

由利公正関義臣日下部太郎などを輩出した。理科を教えたウィリアム・グリフィス、熊本から請われた横井小楠なども居た。

外部リンク[編集]