明石元広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
明石元広
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄5年(1562年
改名 万五郎(幼名)、元広
氏族 蠣崎氏明石氏
父母 蠣崎季広
明石季衡
兄弟 南条広継正室、蠣崎舜広元広
松前慶広蠣崎吉広蠣崎守広
下国師季正室、小平季遠室、安東茂季室、ほか
明石季衡
岡部季村
テンプレートを表示

明石 元広(あかし もとひろ)は、戦国時代武士松前藩初代藩主・松前慶広の次兄。

略歴[編集]

蠣崎季広の次男として誕生。蠣崎氏家臣の明石季衡の養子となったが、永禄5年(1562年)、前年に没した兄・舜広の後を追うように夭折した。

舜広と同じく姉・南条広継正室に毒殺されたともいわれる。

系譜[編集]