明照寺 (彦根市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
妙法山明照寺
Menshoji-Temple.jpg
所在地 滋賀県彦根市平田町744
位置 北緯35度15分17.7秒
東経136度14分30.8秒
山号 妙法山
宗旨 浄土真宗
宗派 浄土真宗本願寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 1393年明徳4年)
開基 祐海
正式名 妙法山明照寺
文化財 笠塚・池泉回遊式庭園
(彦根市指定文化財)
法人番号 2160005005506
テンプレートを表示

妙法山明照寺(みょうほうざん めんしょうじ)は滋賀県彦根市にある浄土真宗本願寺派寺院。

歴史[編集]

松尾芭蕉との関係[編集]

14代目住職の李由松尾芭蕉に師事した俳人でもあった。芭蕉は1691年秋に大津から江戸に向かう途中で明照寺に立ち寄った。寺院近くの農家の老女を眺めて芭蕉が詠んだのが「 稲こきの姥(うば)もめでたし菊の花」という句であった。菊が長寿の象徴であることに見立てて詠んだとされている。寺院内の池泉回遊式庭園には李由の手植えの梅があり、芭蕉は庭園を鑑賞しながら 「百歳(ももとせ)の気色(けしき)を庭の落葉かな」という句を詠んでおり、句碑として残されている。この句碑は、笠塚[1]という名称で建てられている。これは、芭蕉没後に李由が形見分けとして芭蕉の渋笠を貰いうけて笠塚の下に埋めた事を示す物である。

境内の史跡[編集]

  • 池泉回遊式庭園
  • 笠塚

その他[編集]

  • 本堂は1983年(昭和58年) 8月25日に焼失しその後再建されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 彦根市役所 カルタで学ぶひこねのれきし