旭爪裕美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旭爪裕美子(ひのつめ ゆみこ)は、日本のピアニスト。広島県廿日市市在住[1]。妹の旭爪千恵はヴァイオリニスト[2][3]

経歴[編集]

広島県広島市出身[3][4]。6歳よりピアノを始める。1988年に廿日市市の団地に転居する[1]桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業[2]。同大学研究科およびエリザベト音楽大学大学院修士課程を修了。フランス国立ルイユ・マルメゾン音楽院上級課程を首席で卒業。同音楽院最上級課程を審査員満場一致で卒業。併せてパリ・エコール・ノルマル音楽院室内楽最上級課程を卒業[2]。ヨーロッパ音楽コンクールピアノ部門(仏)にて第1位入賞[3]、第18回サン・ノム・ラ・ブレテシュピアノコンクール(仏)にて一等メダルを受賞。グリーグ国際ピアノコンクール(ノルウェー)にてディプロマ賞併せてラフマニノフ特別賞受賞、第9回マリーズ・シェラン国際ピアノコンクール(仏)にて第2位入賞、他数々のコンクールで上位入賞を果たす。フランスにてソロリサイタルを開催し、好評を博す。2000年に同じくフランスで音楽留学をしていた妹と「デュオ旭爪姉妹」をパリで結成し姉妹アンサンブルでの活動も開始する[2][3]。フランスでの生活は4年間で終え、妹とともに2004年1月に帰国し廿日市市に戻る[1]東京オペラシティカザルスホールなどのコンサートに多数出演。これまでにピアノを瀬尾真理子、小嶋素子、米田栄子、北村陽子、花房晴美、シャンタル・リュウ、デジレ・エンカウアの各氏に、室内楽を岩崎淑、ジャック・シャール、ドゥヴィ・エルリーの各氏に師事。現在、エリザベト音楽大学にて後進の指導にもあたっている。2009年より世界文化遺産宮島観光大使に任命され、音楽を通して宮島の魅力を伝える活動もしている[5]

FM出演[編集]

  • デュオ旭爪姉妹のクラシックをご一緒に♪
    FMはつかいち76.1MHz 毎週金曜日 午前10:00~11:00
    2013年4月より、毎週1時間の番組をデュオ旭爪姉妹が担当。毎回ごとのテーマや放送曲名などが、デュオ旭爪姉妹オフィシャルウェブサイトに掲載されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c どうしょーるん 宮園団地(廿日市市) 丘に響く音楽 笑顔の輪 姉妹コンサート 地域に密着 Gゴルフ練習前後に清掃活動 子どものアイデア ビオトープ造りに 2004年08月28日 中国新聞 中国朝刊 広島圏域 写有 (全1,338字)
  2. ^ a b c d 帰国デュオ 10日演奏会 広島市出身の姉妹 2004年8月29日 中国新聞 中国朝刊 芸能 写有 (全340字)
  3. ^ a b c d バイオリンとピアノの協演 23日に廿日市 2005.10.09 中国新聞 中国朝刊 芸能 写有 (全364字)
  4. ^ 帰国デュオ 10日演奏会 広島市出身の姉妹 2004年8月29日 中国新聞 中国朝刊 芸能 写有 (全340字)
  5. ^ [特集]電気記念日 中国電力 安定供給守る工夫 2012.03.26 電気新聞 8頁 写有 (全2,962字)

外部リンク[編集]