ドヴィ・エルリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ドヴィ・エルリーDevy Erlih, 1928年 11月5日 - 2012年 2月7日[1]は、フランスヴァイオリニストパリの生まれで家族がユダヤ系モルドバ人家系である。

略歴[編集]

パリ音楽院ジュール・ブシューリに学び、プルミエ・プリを得て卒業。 1955年のロン=ティボー国際音楽コンクールヴァイオリン部門で優勝し、ソリストとしての活動を始めた。

1968年にマルセイユ音楽院教授となり、1973年にはマルセイユ・ゾリスデンを設立した。1977年のマルセイユプロヴァンス室内楽センターの監督職を経て1982年に母校であるパリ音楽院の教授に就任。 1995年以後は、パリのエコール・ノルマル音楽院で後進の指導に当たった。

2012年2月7日火曜日の朝、勤め先のエコール・ノルマル音楽院へ向かう途中、トラックに跳ねられて事故死した(83歳)。

脚注[編集]

  1. ^ [1]