早ずし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
酢飯を使用する早ずし(江戸前寿司

早ずし(はやずし)は、江戸前寿司を代表とする寿司の一種であり、酢飯と寿司種を使用する江戸の料理として広く広がった。

同じ寿司という名称を持ち、乳酸発酵を使用するなれずしとは異なる。

享保年間以降の鱒寿司は早ずしの一種とされる。江戸では、ご飯などを混ぜあわせた酢飯を使用した寿司が作られ、これは屋台立ち食いされる江戸っ子の料理として人気となった。後には、多くの国で「sushi」と呼ばれる寿司はこれら握り寿司を中心とした「江戸前寿司」である。

江戸前と呼ばれる新鮮な魚介類を使用し手早く調理し、調理したてを食べる。この調理法は人気となって、日本中に広がりはしなかったが、寿司の主流となった。

関連項目[編集]