旧露清銀行上海支店ビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧露清銀行上海支店ビル
Russo-Chinese Bank Building, Shanghai.JPG
各種表記
繁体字 華俄道勝銀行大樓
簡体字 华俄道胜银行大楼
北京語拼音 Huáé Dàoshèng Yínháng Dàlóu
発音: ホアオー ダオション インハン ダーロウ
英文 Russo-Chinese Bank Building
テンプレートを表示

露清銀行ビル(ろしんぎんこう-)は中華人民共和国上海市外灘地区に位置する建築物。上海では番地で呼ばれることも多く外灘15号とも称される。広さは5018m2新古典主義建築的な構造をしている。三階建て。イオニア式の円柱で装飾されている。

南のインドシナ銀行と近代の中国分割を競った北の露清銀行は、創設時にパリ割引銀行の上海支店を吸収したが、用に足りず外灘29号のインドシナ銀行ビルでも経営を行っていた。1898年インドシナ銀行と営業圏住み分けを協定し、翌1899年に15号地を購入、1902年までにこのビルを建築した。

その後1926年に露清銀行は倒産、その後1928年に中国為替取引場が開設され、更にその後貿易センター、上海航空局が使用している。