日産グリーンショップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日産グリーンショップ(NISSAN GREEN SHOP)とは、ISO14001に準じた日産自動車独自の環境マネジメントシステムである。

日産グリーンショップに認定された販売会社では、環境の担当・統括責任者が配置され、使用済み自動車や廃棄物の適正処理及び環境設備管理、PR等が行われている。

また、日本における日産グリーンショップ活動を参考に、販売会社での環境活動を促進する仕組みをグローバルに広めていくことも検討していて、海外の日産担当者に対しグリーンショップ制度の説明会を実施するなどの情報共有を行っている。

審査[編集]

日産グリーンショップ認定制度は、環境マネジメントを定着させ、活動を維持向上させるために、約60名の日産の審査員による1年毎の定期審査、3年毎の認定更新審査を実施している。 また、販売会社による自社内部審査(半年毎)も並行して行われる。

沿革[編集]

  • 2000年4月-「日産グリーンショップ」認定制度を導入開始。
  • 2002年3月-日本国内の全日産自動車販売会社の認定が完了。
  • 2003年-審査に従来の○×方式に加え点数制を導入。
  • 2005年-すべての日産自動車販売会社及び店舗(197社、約3,400店)が再認定。

外部リンク[編集]