日本シリーズ (囲碁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

囲碁棋戦日本シリーズ(にほんシリーズ)は、1973年1976年に、日本テレビ主催により、タイトル保持者によるリーグ戦として行われた。

第1期[編集]

5名によるリーグ戦で行われ、石田芳夫が優勝した。

第2期[編集]

出場者/相手
坂田
石田
大竹
順位
坂田栄男 - × 3 1 1
石田芳夫 - × × 2 2 2
林海峰 × - × 2 2 2
趙治勲 × × - 2 2 2
大竹英雄 × × × - 1 3 5
Cho-sakata-19760208-49-73.jpg
坂田の会心作 1976年2月8日 趙治勲七段-坂田栄男九段(先番)

1970年代以降も坂田は多くのタイトルを獲得し、特に早碁棋戦では、NHK杯早碁選手権戦や、新たに創設された日本アジア航空杯、日本シリーズ、NEC杯などでも優勝を重ねた。第2期日本シリーズでは、3勝1敗で優勝。対趙治勲戦では、白番趙が右下で白△とえぐりにきて、白10までと突き抜いたが、黒12のノゾキが厳しい反撃で、これに白17にツグと、黒16から右辺と下辺のどちらかの白石を切断する手が生じる。このため黒22までと下辺を取り込む分かれとなり、黒優勢となった。このあと黒は上辺の黒石、左辺の黒石も巧妙にしのぐなど、巧妙な打ち回しで大差の勝利とした。この1975年から78年にかけて、趙は坂田に12連敗中であり、「坂田コンプレックス」とも言われた。

参考文献[編集]

  • 坂田栄男『炎の坂田血風録 不滅のタイトル獲得史』平凡社 1986年
  • 『囲碁年鑑』日本棋院