新潟あっさり系ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新潟あっさり系ラーメン(にいがたあっさりけいラーメン)とは、新潟県新潟市中央区、主に新潟島周辺が発祥のラーメン

概要[編集]

ルーツは定かではないが、昭和初期に新潟市内にあった堀の周りにあった屋台で提供されていたラーメンがこのスタイルだったとされている[1]。煮干しの風味がほのかに効いたあっさり醤油味のスープに細縮れ麺のラーメンである[1]。細縮れ麺になった理由は、屋台では人を待たせられないのと火力が不十分であるから[1]であり、また、麺に合うように作り出されたのがあっさりした醤油スープだった[1]とされている。

新潟4大ラーメンが注目され始めた2005年頃にはあっさり醤油ラーメンと雑誌に紹介されていた[1]。ラーメン王と呼ばれるライターの石神秀幸による新潟四大ラーメンの分類では新潟流あっさりしょうゆラーメンである[2]

おもな店舗[編集]

  • 三吉屋(新潟市中央区西堀通、信濃町、米山)[3] - 新潟市に堀があった時代に屋台からスタートしたラーメン屋で、あっさり醤油ラーメンの代表的なお店とされている[1]
  • 来味(新潟市中央区紫竹)[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新潟のラーメン屋』 株式会社ジョイフルタウン〈月刊新潟タウン情報 MOOK〉、2005年、84頁。
  2. ^ 月刊 新潟こまち 2007年10月号 34p
  3. ^ (新潟風)アッサリ醤油ラーメンの老舗「八吉屋」として紹介。 - 久部緑郎・河合単ラーメン発見伝』6巻(ISBN 4-09-185616-0) 小学館、2002年、165頁。
  4. ^ あっさりニボシ系醤油の名店」として紹介。「屋台系ラーメンを発祥とするあっさり極細しょうゆラーメン」との記述も。 - 一個人編集部「大人のラーメン大賞」『一個人』特別編集(ISBN 978-4-584-16589-8)、KKベストセラーズ、136-137頁