斎藤茂男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斎藤 茂男(さいとう しげお、1928年3月16日 - 1999年5月28日)は、日本のジャーナリスト

東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。1952年共同通信社入社。社会部記者、次長、編集委員を経て1988年退社。1958年「菅生事件」報道で日本ジャーナリスト会議賞、1974年再度同賞受賞、1983年長年の報道活動で日本記者クラブ賞、1984年「日本の幸福」シリーズで日本新聞協会賞受賞。多くの著書があり、著作集として『ルポルタージュ日本の情景』全12巻がある。

著書「ルポルタージュ父よ母よ!」が、木下惠介監督により「父よ母よ!」の題名で映画化された。

著書[編集]

  • わが亡きあとに洪水はきたれ! ルポルタージュ巨大企業と労働者(編著) 現代史出版会 1975 のちちくま文庫
  • 聖家族 おおハッピーライフ! 晩声社 1976.11 (ルポルタージュ叢書)
  • ルポルタージュ教育ってなんだ(編著)太郎次郎社 1976
  • 飛び立ちかねつ鳥にしあらねば 現代の貧しさについて 晩声社 1978.10 (ルポルタージュ叢書)
  • ルポルタージュ父よ母よ!(編著)太郎次郎社 1979.8 のち講談社文庫
  • 会社とは Kゼミ24人の軌跡 日本経済新聞社 1981.6 「サラリーマンは幸福か」ちくま文庫
  • 事実が「私」を鍛える いまジャーナリストであること 太郎次郎社 1981.7
  • 妻たちの思秋期 ルポルタージュ日本の幸福(編著)共同通信社 1982.12 のち講談社+α文庫
  • 破局 現代の離婚 晩声社 1983.5 (ルポルタージュ叢書) のちちくま文庫
  • 死角からの報告 子どもが「人間」を殺した ルポルタージュ(編著)太郎次郎社 1983.3
  • 燃えて尽きたし… ルポルタージュ日本の幸福(編著)共同通信社 1984.6 のち講談社+α文庫
  • 生命かがやく日のために ルポルタージュ日本の幸福(編著)共同通信社 1985.9 のち講談社+α文庫
  • 夫たちの憂うつ NHKおはようジャーナル班共編著 日本放送出版協会 1986.2
  • 夢追い人よ 築地書館 1989.11 (斎藤茂男取材ノート 1)
  • 地下帝国へ 築地書館 1989.12 (斎藤茂男取材ノート 2)
  • 娘たちは根腐れて 築地書館 1990.3 (斎藤茂男取材ノート 3)
  • われの言葉は火と狂い 築地書館 1990.7 (斎藤茂男取材ノート 4)
  • 命の重さ 築地書館 1990.12 (斎藤茂男取材ノート 5)
  • ナゼ日本人ハ死ヌホド働クノデスカ? ダグラス・ラミス対談 1991.6 (岩波ブックレット)
  • 飽食窮民 「ルポルタージュ」日本の幸福(編著)共同通信社 1991.7
  • 新聞記者を取材した 岩波書店 1992.3
  • 記者志願 築地書館 1992.4 (斎藤茂男取材ノート 6)
  • ルポルタージュ日本の情景 全12巻(1~9巻は編著) 岩波書店 1993-1994
  • 息子殺し 演じさせたのはだれか(編)太郎次郎社 1993.12
  • お子さま戦争 草土文化 1994.7
  • 子どもの世間(編)小学館 1996.11 (現代の世相 3)
  • 現代を歩く 共同通信社 2001.5