ダグラス・ラミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダグラス・ラミス(Charles Douglas Lummis、1936年 - )は、アメリカ合衆国政治学者評論家。専門は政治学日本在住。

サンフランシスコに生まれ、カリフォルニア大学バークレー校卒業。1960年海兵隊員として沖縄県に駐留。1961年に除隊後、関西に住み、ベ平連の一員として日本での活動を始める。1980年津田塾大学教授。2000年退職。以後は沖縄に移り住み、非常勤講師を勤める傍ら、執筆や講演活動を行っている。

日本人論批判で知られ、のち平和運動家、また文筆活動をする。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『イデオロギーとしての英会話』(晶文社, 1976年)
  • 『内なる外国――『菊と刀』再考』(時事通信社, 1981年/ちくま学芸文庫 1997年)
  • 『影の学問、窓の学問』(晶文社, 1982年)
  • A New Look at the Chrysanthemum and the Sword, (松柏社] 1983).
  • 『タコ社会の中から――英語で考え、日本語で考える』(晶文社, 1985年)
  • 『ラディカルな日本国憲法』(晶文社, 1987年)
  • 『最後のタヌキ――英語で考え、日本語で考える。』(晶文社, 1988年)
  • 『フダン着の国際人たち――日本人の国際性を問う 「ダグラス・ラミス」インタビュー集』(バベル・プレス 1988年)
  • 『フクロウを待つ――英語で考え、日本語で考える』(晶文社, 1992年)
  • 『高校生のための英語読本――鏡としての外国語』(筑摩書房, 1994年)
  • 『英語で考え、日本語で考える――ウォー・カムズ・ホーム』(晶文社, 1995年)
  • Radical Democracy, (コーネル大学出版会 1996).
加地永都子訳『ラディカル・デモクラシー――可能性の政治学』(岩波書店, 1998年/岩波モダンクラシックス, 2007年)
  • 『ダグラス・ラミスの英語読本』(筑摩書房, 2000年)
  • 『憲法と戦争』(晶文社, 2000年)
  • 『経済成長がなければ私たちは豊かになれないのだろうか』(平凡社, 2000年/平凡社ライブラリー, 2004年)
  • 『C・ダグラス・ラミスの学問論』(《リキエスタ》の会, 2001年)
  • 『考え、売ります。』(平凡社, 2001年)
  • 『なぜアメリカはこんなに戦争をするのか』(晶文社, 2003年)
  • 『日本は、本当に平和憲法を捨てるのですか?』(平凡社, 2003年)
  • 『憲法は、政府に対する命令である。』(平凡社, 2006年)平凡社ライブラリー、2013 
  • 『普通の国になりましょう』(大月書店, 2007年)
  • 『要石:沖縄と憲法9条』(晶文社, 2010年)
  • 『戦争するってどんなこと?』平凡社 中学生の質問箱 2014

共著[編集]

  • 池田雅之)『日本人論の深層――比較文化の落し穴と可能性』(はる書房, 1985年)
  • 斎藤茂男)『ナゼ日本人ハ死ヌホド働クノデスカ?――対談』(岩波書店[岩波ブックレット], 1991年)
  • (常岡(乗本)せつ子)『日本国憲法をよむ――英文対訳』(柏書房, 1993年)
  • 鶴見俊輔)『グラウンド・ゼロからの出発――日本人にとってアメリカってな〜に』(光文社, 2002年)
  • 喜納昌吉)『反戦平和の手帖』(集英社[集英社新書], 2006年)
  • 辻信一)『エコとピースの交差点――ラミス先生のわくわく平和学』(大月書店, 2008年)
  • 姜尚中萱野稔人)『国家とアイデンティティを問う』(岩波書店[岩波ブックレット], 2009年)

共編著[編集]

監修[編集]

  • 『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス, 2001年)
  • 『やさしいことばで日本国憲法――新訳条文+英文憲法+憲法全文』(マガジンハウス, 2002年)
  • 『不思議の国のブッシュ――合衆国大統領迷語録』(光文社, 2003年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]