文龍斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文龍斎(ぶんりゅうさい、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

鳥文斎栄之浮世絵を教えた人物とされる。『浮世絵類考』関根只誠本(慶応3年識)の栄之の項に、慶阿弥老人の話として栄之が文龍斎より浮世絵を学んだ旨記している。[1] 文龍斎の作に青本挿絵があるといわれるが未詳である。

脚注[編集]

  1. ^ 『原色浮世絵大百科事典』第2巻、※127頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]