敦賀町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つるがちょう
敦賀町
廃止日 1937年4月1日
廃止理由 新設合併
敦賀町松原村敦賀市
現在の自治体 敦賀市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
敦賀郡
総人口 26,831
国勢調査1935年
隣接自治体 敦賀郡松原村、中郷村東郷村東浦村
敦賀町役場
所在地 福井県敦賀郡敦賀町
 表示 ウィキプロジェクト

敦賀町(つるがちょう)は福井県敦賀郡にあった。現在の敦賀市の中心部にあたる。現在の敦賀市は別の自治体である。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、敦賀町(松栄町・川崎町・結城町・大金町・幸町・大黒町・末広町・晴明町・蓬莱町・富貴町・旭町・神楽町・大島町・橘町・桜町・大内町・御手洗町・曙町・堺町・常盤町・浪花町・大湊町・天満町・入舟町)・泉村・津内村・三島村の区域をもって発足。
  • 1937年昭和11年)4月1日 - 松原村と合併して敦賀市が発足。同日松原村廃止。

経済[編集]

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば敦賀町の篤農家は、「山本傳兵衛、西岡三良太夫、喜多村謙吉、安田寅吉、桃井孫一郎、川端常七、大和田亮吉、井垣三四郎、濱野五兵衛、西岡治左衛門、大和田荘七、上田三右衛門、磯見彦七、宇野三右衛門、土持兼白、南文蔵」などである[1]

出身・ゆかりのある人物[編集]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『大日本篤農家名鑑』484頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年1月25日閲覧。
  2. ^ 左京区から敦賀市に至る道も敦賀街道と呼ばれるが、別物である。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 角川日本地名大辞典 18 福井県』。

関連項目[編集]