播野勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

播野 勤(はりの つとむ、1953年6月30日 - )は、タマノイ酢株式会社代表取締役社長。

人物[編集]

大阪府出身。成蹊学園(中学校・高等学校・大学経済学部)を卒業。大学卒業後、ソントン食品工業株式会社に就職。資金、財務、電算、社長室等、管理部門を担当。1979年タマノイ酢株式会社に入社。管理部長、常務、専務を経て現在に至る。1980~1981年日本生産性本部出向、日本生産性本部認定経営コンサルタント。

人間を中心にした経営を行い、会社は売り上げや利益ではなく、社員の成長の場と位置づけている。また、社員やビジネスの可能性の追求を目指し、社員の中から医師や調理師、フードコーディネーター、オリンピックを目指すアスリートなどを育てては、更に夢を膨らませている[1]。 答えは全て現場にあるという考えのもと、自らが採用の現場に出て、その志を学生に訴える。また、数々の社員研修を企画。新人からベテランまで数多くの社員研修をこなし、社員の人間的成長を試みている[2]

社長に就任してからは、まず人事制度の改革を行った。ノルマの廃止や部署異動の機会を多く設けるなど、セクション間の風通しを良くし、部署異動を多く行う事で、技術的な専門家ではなく、時代の変化に対応する専門家を育てている[3]。ノルマはなく、常に社員がキラキラと輝く。そんなクラブ活動の様な経営について、神戸大学大学院経営学研究科、金井壽宏教授チームの研究対象となり、2006年経営行動科学学会にて事例報告される。その後、全国から講演などにも招かれる[4]

学生時代は水泳とヨット、水球に熱中しており、毎日1万メートル位泳いでいた。都大会で優勝経験もあり、今でも数千メートルくらい泳いでいる[5]

略歴[編集]

  • 1976年 - 成蹊大学経済学部卒業。
  • 1976年 - ソントン食品工業株式会社入社。
  • 1979年 - タマノイ酢株式会社入社。
  • 1980年 - 日本生産性本部出向。
  • 1981年 - 日本生産性本部認定経営コンサルタント。
  • 1984年 - タマノイ酢株式会社 常務取締役就任。
  • 1987年 - タマノイ酢株式会社 専務取締役就任。
  • 1991年 - タマノイ酢株式会社 代表取締役社長就任。

会員[編集]

出演[編集]

  • ルソンの壺(NHK、2008年3月9日)
  • プラクトピアの風(テレビ大阪、2008年5月8日)
  • 賢者の選択(BS朝日、2009年8月1日)

その他

脚注[編集]

  1. ^ 2008年5月8日の「プラクトピアの風」
  2. ^ 現代経営学研究所『Business Insight』
  3. ^ 2008年3月9日の「ルソンの壺
  4. ^ 鈴木竜太『自立する組織人』
  5. ^ 2007年8月1日の産経新聞

外部リンク[編集]