指月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

指月(しげつ、しづき)

指月と豊後橋と巨椋池『都名所図会』(1780年)

指月山[編集]

仏教用語の「指月」(しぐゎち(呉音)、しげつ(漢音)、しぐゎつ(慣用音))とは「指免」と同義語で、「指」は仏教の教え、「月」は(dhárma, dhamma)の意味。[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「仏教語読み方辞典」