押鐘篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

押鐘 篤(おしかね あつし、1908年5月23日 - 1990年10月25日[1])は、歯科医学者、性科学者。別名・神田駿一。

長野県下高井郡中野町(現中野市)生まれ。1931年日本大学専門部歯科卒。1942年日本大学教授。慶應義塾大学専門部卒業、1946年医師国家試験合格。1978年日大歯学部を定年、名誉教授[2]

著書[編集]

  • 『人と細菌』羽田書店 生活科学新書 1942
  • 『アナ先生のペン』季節風文庫 1955
  • 『女体のメカニズム』あまとりあ社 実用セックス講座 1959
  • 『病態生化学 基礎から臨床へ』協同医書出版社 1959
  • 『愛と結婚 その美と幸福への処方箋』講談社 ミリオン・ブックス 1960
  • 『性の診察室 人生相談の秘函』日本週報社 1962
  • 『脱線ドクトル 風俗のカルテ12カ月』番町書房 1962
  • 『娘・妻の不安にこたえる』主婦の友新書 1962
  • 『性生活の指導』新流社 1963
  • 『医師の性科学』学建書院 1981
  • 『優雅に突っぱって突っぱって ある異色の性科学者の自伝抄』学建書院 1982
  • 『歯科医療心理』学建書院 1983

共著[編集]

  • 『性の焦点夫婦生活の分析』藤紀雄共著 日本文芸社 1962
  • 『歯学生化学』共著 医歯薬出版 1966
  • 『ポケット歯科辞典 日-英-独 英-日-独 独-日-英』編著 学建書院 1982
  • 『唾液のはなし』覚道幸男共著 口腔保健協会 OHブックス 1983

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『優雅に突っぱって突っぱって ある異色の性科学者の自伝抄』