手続き型モデリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

手続き型モデリング(英語:procedural modeling)は、コンピュータグラフィックスではルール・セットによって3Dモデルテクスチャを生成するための様々なテクニックの統括名である。L-systemフラクタル生成的モデリングなどは3Dシーンを作成するのにアルゴリズムが利用されるため、手続き型モデリングのテクニックであるという。ルール・セットはアルゴリズムに組み込まれたり、パラメータで設定可能だったりしてエンジンから分け離されることもある。

手続き型モデリングの出力は手続き型コンテンツと呼ぶ。ゲームや映画などに使用されたり、インタネットにアップロードされたりするか、ユーザーがコンテンツを手動的に編集することも可能。手続き型モデルはデータベース増幅を物証することが多いため、大きな3Dシーンが比較的に小さなルール・セットから生成されることが可能という。もし用いられるアルゴリズムが毎回同じ出力を出せば、その出力を保存する必要がなく、単にアルゴリズムを同じランダム・シードで実行させるとよい。

手続き型モデリングはユーザーインプットによってモデルを編集したりすることより、ルール・セットによって3Dモデルを生成することを中心にしている。一般的なモデラーを利用すると時間がかかりすぎたり,専門ツールが必要になったりする場合は手続き型モデリングはよく使われている。例えば、植物、建築や山水などを生成する時に使われることがある。

手続き型モデリングソフト[編集]

外部リンク[編集]