戸川安通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸川 安通(とがわ やすみち、寛文8年(1668年) - 元文5年9月23日1740年11月12日)は、江戸時代幕臣旗本)・小普請組のち書院番。通称は、右衛門のち十兵衛。

早島戸川家2代戸川重明六男として生まれた。

元禄15年(1702年)3月、重明の隠居により跡目を継いだ兄の戸川安貞により早島知行地のうち中島村(岡山県倉敷市中庄近辺)の一部400石を分知され分家独立。

元文5年(1740年)9月に隠居し、跡目は養子安長に継がせた。

同年9月23日没。


先代:
戸川重明
中島戸川家当主
初代:1702 - 1740
次代:
戸川安長