戯文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戯文(ぎぶん)とは、中国の古典的な演劇である戯曲形式の一つ。南方系の楽曲である南曲を用いる。明代に隆盛した。南曲戯文(なんきょくぎぶん)、南戯(なんぎ)ともいう。

その源流は南宋の時、浙江省温州(当時は永嘉)で行われた温州雑劇にあるという。

南宋の作品で現存しているのは『永楽大典』戯文三種に収められている「張協状元」のみである。元代雑劇の隆盛におされていたが、次第に北上して盛行した。

元末明初の高明は、後漢蔡邕を主人公とする『琵琶記』を書いた。これが傑作として世間に喧伝され、南戯の祖と称された。

地方ごとに異なる曲調があり、それぞれ流派があったが、崑山(現江蘇省蘇州市東部)の魏良輔が嘉靖年間に改良した崑曲が隆盛した。しかし、清代になり、京劇が隆盛すると戯文の新作は作られなくなっていった。

雑劇が曲律の厳しい制約を受けていたの対し、戯文はその制約が少なく、また時には自由に北曲を取り入れたりした。また文人が多く参加したため、元雑劇が口語の使用が多いのに比べて、文語的要素が強い。