戦時改描

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戦時改描(せんじかいびょう)とは、軍事的に重要な施設が、地形図上に偽って表現されたことである。初期には重要な施設を空白にしておく「省略改描」であったが、第一次世界大戦での首都爆撃を機に架空のリンゴ畑や桑畑が描かれるようになった。日本では主に第二次世界大戦中、陸軍参謀本部の外局である陸地測量部によって行われた。対象となったのは、軍事施設[1]、基幹産業関連[1]、皇室関連施設[1]などで、その施設への攻撃などを恐れたためと考えられる。陸地測量部の主な仕事は改描と敵の改描の看破であり、貯水池は芝生、火薬庫は桑畑にしたりした。改描を行った際には、軍事関係の記号を「陸海軍官衙」として星の下に錨を描いた記号に変更したり、図郭外左下の地図の価格を丸括弧で囲むなどして、改描の区別を行った例が知られている[2]

また、日本では1942年(昭和17年)10月1日からは、地形図そのものの販売が禁止された。戦時改描については、地名など地図に関することに詳しい今尾恵介が多く指摘している。

具体的な対象[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 長岡正利, 5万分1地形図作成史周辺の諸般新事実」『地図』 35巻 4号 1997年 p.20-25, doi:10.11212/jjca1963.35.4_20
  2. ^ 清水靖夫「第二次大戦前後の日本の地図事情」『地図』第45巻第3号、日本地図学会、2007年、 23-27頁、 doi:10.11212/jjca1963.45.3_232020年4月27日閲覧。
  3. ^ 品田光春, 「続 地図から消された油田-秋田の油田と戦時改描-」『高崎商科大学紀要』 32号 p.117-127 2017, 高崎商科大学メディアセンター, ISSN 1347-703X

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 谷謙二, 「今昔マップ旧版地形図配信・閲覧サービス」における収録地域および機能の拡張 『日本地理学会発表要旨集』 2019年 2019a巻 2019年度日本地理学会秋季学術大会, セッションID:408, p.20-, doi:10.14866/ajg.2019a.0_20