感染呪術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

感染呪術 (かんせんじゅじゅつ、: contagious magic)とは、文化人類学者ジェームズ・フレイザーが定義した、人類学における呪術の性質を表す言葉である。感染魔術とも。

一度接触したものあるいは一つのものであったもの同士(ある個人とその着衣、ある個人とその人のの毛など)は、遠隔地においても相互に作用するという発想を元にしている。

類感呪術とは対になる概念で、同様に世界各地に応用が見られる。

感染呪術の例[編集]

日本における例としては、危険な場所に赴く男性に、親しい女性(肉親あるいは恋人)の髪の毛などを護符として持たせるという習俗がある。

これは古代日本の妹の力(いものちから)に対する信仰が根本にあるが、その力の依り代として自分の身体の一部を護符にするのは感染呪術の理論に基づいていると考えられる。

現代における顕著な感染呪術として、ホメオパシーが挙げられる。これは、薬の材料を水に溶かし、通常の医学では考えられないほど薄く希釈して用いるものだが、ホメオパシーの実践者は、一度薬と接触した水は薬を「記憶している」ため、その後どんなに薄めても薬の効力は変わらないと主張する。典型的な感染呪術的な発想である。

関連項目[編集]