愛新覚羅胤祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛新覚羅 胤祐(あいしんかくら いんゆう、1680年8月19日 - 1730年5月18日)は、康熙帝の七男。母は成妃のダイギャ氏。名は雍正帝の即位後に允祐と改めている。

生涯[編集]

生まれつき足に障害があったので、「九王奪嫡」と呼ばれる政争に巻き込まれなかった。康熙37年(1698年)、ドロイ・ベイレ(多羅貝勒)に封じられ、同48年(1709年)には多羅淳郡王に昇進した。

雍正元年(1723年)、和碩淳親王に昇爵された。この時、胤祉(康熙帝の三男)に協力して、景陵の「神功聖徳碑文」を仕上げた。雍正8年(1730年)に死去。

参考文献[編集]