愛新覚羅胤祉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

愛新覚羅 胤祉(あいしんかくら いんし、1677年3月23日 - 1732年7月10日)は、康熙帝の三男。母は栄妃のマギャ氏。名は雍正帝の即位後に允祉と改めている。

生涯[編集]

学門に優れ、幾何学に才能を示し、律呂算法暦法に関する全書である『律暦淵源』の編纂を主催した。父帝の信任篤く、熙春園を下賜され、和碩誠親王に封じられた。

康熙47年(1708年)、胤祉は長兄の胤禔を次兄の胤礽(廃太子)呪詛の件で弾劾した。結局、胤禔は軟禁に処せられたが、胤祉の政治的力量は弟たちに及ばなかったため、立太子はされなかった。

雍正帝(康熙帝の四男)の時代、胤祉は景陵の守りを命じられ、北京を追い出された。雍正6年(1728年)、息子の弘晟の収賄罪を口実に、胤祉は郡王に降格された。雍正8年(1730年)に親王位に復するが、胤祥(康熙帝の十三男)の葬儀で涙を流さなかったのを口実に、爵位を剥奪され景山の永安亭に軟禁された。雍正10年(1732年)、病没した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]