悪女/AKUJO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悪女/AKUJO
The Villainess
監督 チョン・ビョンギル
脚本 チョン・ビョンギル
ユン・ビョンシク
製作 ムン・ヨンファ
出演者 キク・オクビン
シン・バキュン
ソンジュン
キム・ソヒョン
チョ・ウンジ
音楽 グ・ジャワン
撮影 パク・ジャングフン
編集 ホ・スンミ
製作会社 Independent Filmmakers Group BFG
配給 KADOKAWA
Next Entertainment World
公開

2017年5月21日カンヌ国際映画祭
大韓民国の旗 2017年6月08日
アメリカ合衆国の旗 2017年8月25日

日本の旗 2018年2月10日
上映時間 124分
興行収入 世界の旗 $8,830,002[1]
テンプレートを表示

『悪女/AKUJO』(韓国名악 녀 ; Aknyeo, 原題: The villainess)は、2017年韓国で制作されたアクション映画[2]。2017年5月の第70回カンヌ映画祭で世界初公開された[3][4][5]

あらすじ[編集]

幼い頃に父親を殺害された少女・スクヒは、北朝鮮マフィアの若頭ジュンサンに拾われ、彼のもとで育て上げられた。やがて二人は恋に落ち結婚するが、ジュンサンは敵対するソウルの組織に暗殺される。怒りに燃えたスクヒは敵アジトにたった一人で乗り込み組織を壊滅させたが逮捕される。国家が秘密裏に運営する暗殺者養成施設へ数年間所属した彼女は、身分を偽って国家直属の暗殺者となり新たな人生を歩むが…。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Aknyeo (2017)”. The Numbers. 2017年9月11日閲覧。
  2. ^ "The Villainess" Kim Ok-bin Swinging Her Swords”. HanCinema (2017年4月27日). 2021年2月10日閲覧。
  3. ^ Two Korean Films Invited to Compete at Cannes Film Festival”. HanCinema (2017年4月14日). 2021年2月10日閲覧。
  4. ^ THE VILLAINESS Singled Out for Terrific Action at Cannes”. koreanfilm.or.kr (2017年5月25日). 2021年2月10日閲覧。
  5. ^ Korean Film to be Remade into U.S. TV Series”. 2021年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]