思春の森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
思春の森
Maladolescenza
監督 ピエル・ジュゼッペ・ムルジアドイツ語版
脚本 ピエル・ジュゼッペ・ムルジア
原作 ピエル・ジュゼッペ・ムルジア
製作 フランコ・カンチェリエーリ
出演者 ララ・ウェンデル
マルティン・レーブ
エヴァ・イオネスコ
音楽 ジュゼッペ・“ピッポ”・カルーソ
撮影 ローター・エリアス・スティッケルブルックス
配給 東宝東和
公開 日本の旗 1979年2月10日
上映時間 94分(原版117分)
製作国 イタリアの旗 イタリア
[1]
テンプレートを表示

思春の森』(ししゅんのもり)は、1976/1977年製作、公開されたイタリア映画。 原題 Maladolescenza は、Malad(病んだ)と Adolescenza(思春期)の合成語。児童にたいする厳しい保護規定のため、このイタリア映画はオーストリアで撮影された[2]

キャスト[編集]

これ以外にウェンデルをいじめる犬の(Xylot)が出演している。

ストーリー[編集]

夏休みを別荘で過ごす少女ラウラと少年ファブリツィオは毎年、森の中で2人だけの秘密の逢引を行ってきた。ところがこの年にはファブリツィオが不機嫌な態度をみせてラウラに辛く当たるなど、思春期を迎えて微妙に2人の間の空気が変化する。そこに金持ちで小悪魔的な少女シルヴィアが現れ、フォブリツィオの心を奪うと3人の中で女王として君臨し、ラウラを奴隷のごとく扱うようになる。こうして未熟な愛と性をめぐる少年少女の残酷な心理ゲームがはじまり、ついには悲劇的な結末を迎える。美しい森の自然と城の廃墟を背景に繰り広げられる、思春期の性をテーマにした過激なカルトムービー。

問題[編集]

「映画史上の中でスキャンダルフィルムの名に値する数少ない古典のひとつ」 (Michael Schmitz)。

撮影当時14歳(12歳説あり)のララ・ウェンデルと12歳のエヴァ・イオネスコが、胸・局部を露わにしセックスシーンを演じたことで公開時から問題になる。ヨーロッパでは議論の末、上映中止となる都市もあった。日本では当時修正されて上映されている。

原版は117分とされ未公開。各国で公開されたものに72分、78分(1977年/英・独)、79分(1979年/日)、81分(80年代/独)、91分(2004年/独)、93分(1977/2003年/伊)、94分(日・仏・伊)版があるらしく、相違があるといわれるが内容の異同は不明。2004年に無修正完全版とされるフィルムが91分の長さ(PALマスターの時間)で編集されドイツ、オーストリアをはじめとする欧州諸国において販売されたが(2004年ドイツ版、X-Rated DVD)、ドイツでは2006年のカールスルーエ地方裁判所の決定において無修正版は回収を余儀なくされた。その後も、オーストリアでは合法的に流通している。また日本版DVDでは前半部のハイライト、57分53秒から90秒間がカットされている。ここは、かくれんぼの末にファブリツィオがシルヴィアとセックスをはじめ、それを狼狽するラウラに見せつけるシーンで、エヴァの性器がはっきり映る箇所である。

日本においては1979年に一般上映されている(東宝東和配給)。1999年児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の施行ののち、2001年秋に修正済みのDVD(日本版)が発売されるが、すぐに回収処分にされた。またこのDVDは発売当初、amazon.jpのDVDランキングにおいてトップ30入りするなど、異例の好セールスを記録した。

2004年9月には、輸入された無修正のDVD(ドイツ版)の国内販売にたいして児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反が適用され、逮捕者がでた[5]

出演者のエヴァ・イオネスコは2012年に子供の頃のヌード写真撮影およびその出版について、母親を相手取り20万ユーロの損害賠償と写真返却を求める裁判を起こしている[6]2014年にはエヴァ・イオネスコは自伝的映画『ヴィオレッタ』を制作。エヴァはこの映画について「子供時代の苦痛な出来事について、ずっと書きたいと思っていた」と語っている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 日本では「イタリアフランス合作映画」とされることがあり、海外では「イタリア・オーストリアドイツ映画」「イタリア・ドイツ映画」の表記もみられる。
  2. ^ 国際映画事典 Lexikon des internationalen Films, Rowohlt Taschenbuch Verlag,1995)。
  3. ^ 思春の森”. MovieWalker. KADOKAWA. 2017年4月14日閲覧。
  4. ^ 思春の森”. シネマクエスト. キネマ旬報社. 2017年4月14日閲覧。
  5. ^ 警視庁少年育成課2004年9月30日発表
  6. ^ 「児童ポルノ撮影された」、仏女優エヴァ・イオネスコさんが母親を提訴 - MSN、2012年11月15日
  7. ^ 「児童ポルノ撮影された」、児童ポルノか芸術か 母親のヌードモデルになった少女を描く衝撃作「ヴィオレッタ」 - MSN、2014年2月15日

参考文献[編集]

  • Der Spiegel. 1977/22. Kinder auf dem Sex-Markt. Die verkauften Lolitas.
(映画「思春の森」を扱った1977年のドイツ週刊誌の特集「セックス市場の子供たち」)
  • Taschenbildbuch Nr.36  Spielen Wir Liebe. MPW 2005.
(ドイツで出た「思春の森」特集本。「思春の森」問題を扱った法律文書を掲載。特にドイツ連邦共和国青少年有害メディア審査局の1984年決定と2004年決定全文。)
  • NOCTURNO Book. Maladolescenza. イタリアで出た「思春の森」特集本。

外部リンク[編集]