ララ・ウェンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ララ・ウェンデル
Lara Wendel
本名 Daniela Rachele Barnes
生年月日 (1965-03-29) 1965年3月29日(53歳)
出生地 ミュンヘン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
著名な家族 ブリッタ・バーンズ (母)
ウォルター・バーンズ (父)

ララ・ウェンデルLara Wendel, 本名 Daniela Rachele Barnes 1965年3月29日 - )は、ドイツのミュンヘン出身の女優。主にイタリアサスペンス映画で活躍する。

略歴[編集]

両親共に俳優。子役として出演。デビューは、1972年『MIO CARO ASSASSINO』(イタリア/スペイン)。『皆殺しのハンター』(1972年)、『マーク・レスター 可愛い目撃者』(1972年)を経て、1977年には『思春の森』でエヴァ・イオネスコとともに過激な少女ヌードを見せ話題になる。引き続き『エルネスト 美しき少年』(1979年)、『Un Ombra nell'ombra』(1979年)、『デシデーリア=欲望』(1980年)、で主役として危険な思春期の少年少女の役柄を演じ存在感を発揮。成人後の出演作はB級ホラーが多い。アントニオーニの『ある女の存在証明』(1982年)や、フェリーニの『インテルビスタ』(1987年)にもクレジットされている。1990年代以降、結婚、出産をしたせいか出演作が途絶えている。

1980年代には『PLAYBOY』など男性誌にも何度か登場して美しい体を披露した。

イタリア語、英語、アレマン語、フランス語に堪能。

1993年に女優業を引退しており、現在はイタリアローマ在住。

出演作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]