徐寿輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世宗 徐寿輝
天完
皇帝
王朝 天完
在位期間 1351年 - 1360年
都城 蘄水漢陽龍興
姓・諱 徐寿輝
諡号 応天啓運献武皇帝(太祖による)
廟号 世宗
生年 不詳
没年 天定2年6月16日
1360年7月29日
年号 治平 : 1351年 - 1355年
太平 : 1356年 - 1358年
天啓 : 1358年 - 1359年
天定 : 1359年 - 1360年

徐 寿輝(じょ じゅき)は末の群雄の一人。

生涯[編集]

湖北省羅田県の人。元々は綿布の行商人をして生計を立てていたが、至正11年(1351年8月白蓮教を奉じて挙兵。湖北を本拠とし、紅巾の乱における有力な地方勢力の一つとなる。10月、国号を天完として皇帝を称し、年号を治平と号した。容貌魁偉であったため皇帝に推されたともいう。

紅巾党の中核をなす韓山童劉福通らに対し、西部に拠ったので西派紅巾軍と呼ばれた。最盛時にはその勢力は湖広江西から江浙に及んだ。

しかし次第に丞相に任じた倪文俊が台頭し、その地位を脅かすようになる。太平2年(1357年)に倪文俊は徐寿輝を除こうとして失敗し、黄州で部下の陳友諒に殺害されたが、ついでその麾下の勢力を糾合した陳友諒が急速に台頭し、やがて徐寿輝をも凌駕するようになる。天定2年(1360年)、力をつけた陳友諒によって、徐寿輝は鉄槌で撃殺された。